AREA0738 紀乃國 BLOG

<   2017年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧


Banguard×nasakikaku Presents

a0168966_20365473.jpg

a0168966_2037413.jpg

仙人掌「VOICE」リリースパーティー

GUEST LIVE
仙人掌(MONJU/DOWN NORTH CAMP)

DOG EAR RECORDS10周年 / WDsounds12周年の2016年を締めくくる日本中のHIP HOP中毒者が待ちに待ったあの男のアルバム。ワン・ヴァースでバズを起こすラッパー仙人掌。
ファーストオフィシャルアルバム「VOICE」が遂に2016年12月7日リリース。
「VOICE OF THE GHETTO。URBAN BLUES。」HIP HOPが全てを肯定に変える


<仙人掌NEWアルバム「VOICE」REVIEW>
これは全てを肯定する音楽。
つまらない事でうだつがあがらない気分がする午後も。
どうにもならない事で眠れない夜も。
音が止まるまで遊んで、そこからまた仕事に向かう朝も。
そのライフを止めない限り、彼の口からでるワード、ライムは肯定する。

" HIP HOPが全てを肯定に変える "
仙人掌が初のオフィシャルアルバムとしてリリースする「VOICE」。ISSUGI, 16FLIP, MASS-HOLE, BUDAMONK, WATTER等の今までに数多くの作品や現場を共にして来た仲間、そして、ERAやFITZ AMBROSE, DOPEYとクラッシックを産み出して来たアーティスト、YUKSTA-ILL, MUD ( KANDYTOWN ) , DJ FRESH, BRON-K新たな予感を感じさせるアーティスト。個人的な強い親交を感じさせるCHI3CHE、MIZUKI KAMATA。
TRINITYTINY1やZZYの作り出す音楽はまた新たな風を仙人掌の作り出す世界に吹かせている。先行でi-tunesで配信されているERAとMUDを迎えた"BACK TO MAC"で見せる街の景色とBRON-Kをfeat. した"HERE WE COME"で見せる街の景色は全く違う物と言える位にコントラストがある。ZZYやTRINITYTINY1のトラックの上で展開する世界は内面と外を行き来する。
いつもの話を"自分のやり方"で掘り下げて表現したまぎれも無いVOICEが音と共にここにある。
MIX / MASTERINGを担当するのは石野卓球やVIDEOTAPE MUSIC等のMIXを手掛け、CEROのLIVE PAを担当する得能直也による。空間の奥行きと生き生きと動き出すそれぞれのトラック、目の前に広がるのは様々な仙人掌の音楽を構成する音楽で作られた世界。
アンダーグラウンドという言葉の意味は一体なんだろう、それが地下というのであれば、仙人掌はこの「VOICE」と共にいつものように路上を歩いている。大きな声でこの音楽は街中に鳴り響くだろう。とても静かでいて燃え上がる様な音楽をHIP HOPと言うのだと思う。 街のサウンドがバックに流れる。表面を削り取った本物の表情を仙人掌は耳から見せてくれる。


<PROFILE>
東京を中心に活動するMONJU/DOWN NORTH CAMPのメンバー。
ISSUGI、Mr.PUGと共にMONJUとしてCCGをはじめとするCDへの参加で注目を集める中、2006年『103LAB.EP』をリリース。
更に2008年にはMONJUの2nd EP『Black de.ep』をリリース、深みを増したアティチュードでHIPHOPが持つ本来の魅力を表現し、流行とは一線を画す東京の進化した黒いスタイルをみせつけ話題となった。
数々のLIVEや作品で染み付いたフロウとB-BOYスタンスなリリックを武器に気の会う仲間達と夜な夜な音源を作り、LIVEを繰り返し今に至る。
また日本のHIPHOPを代表するMC, DJ, PRODUCERとの数多くの客演音源で鮮烈な印象を毎度聴く者に残している、今最もソロ音源を待たれ続けるMCの一人である。2016年12月7日遂にファーストアルバム「VOICE」をP-VINE / DOG EAR / WDsoundsよりリリース。

a0168966_2111081.jpg

仙人掌 『VOICE』 Trailer


仙人掌 "Be Sure" (Official Video)




LiVE KINOKUNISURRYSMKDREVERSEGUMTUNB/WISDOM
DJ タツシ/RD_/ICR/KTMS

2.18(sat)22:00 start at 7th Under Ground (S.T.U.G)
前売り 2000円/当日 2500円


SHOP&FOOD:BANGUARD
banguard.stores.jp

SOUND:ナサキカク
nasakikakuinfo-ambie.blogspot.jp


by surry0738 | 2017-01-24 21:18 | event info | Comments(0)

#KSCWORKS / 2017.01.22 RELEASE

a0168966_20553449.jpg

BACK FUCK NUNBER / KINOKUNI
KSCRCD-006 / STEREO
[CD] 1,500yen(tax in)

2017.01.22 RELEASE

お買い求め(予約注文)はこちら


01. Intro(Produced by TB crane)
02. Pressure 15' feat. REVERSE(Produced by TB crane)
03. Hello(Produced by TB crane)
04. Brain Anatomy(Produced by TB crane)
05. Bug Shot(Produced by TB crane)
06. KAKUSHIN(Produced by TB crane)
07. Ejaculation(Produced by catastrophe)
08. Interlude(Produced by TB crane)
09. Sway Back(Produced by TB crane)
10. Lotto(Produced by TB crane)
11. Minolrity Opinion feat. HULK&SHEED(Produced by TB crane)
12. Outro(Produced by TB crane)

Bonus Tracks
13. Pressure 15' Remix feat. REVERSE(Produced by FOOLISH)
14. Brain Anatomy Remix(Produced by TB crane)


Mixed&Mastered by TB crane(KSC STUDIO)
Artwork by Lef Deep(SMKD)




謎が多く地元の関係者にすら余り知られていない彼等の名は、SURRY、LESTA、KEN THE LOW、TB crane、KTMS、そして現代科学では禁忌の術、人体錬成から生み出されたC×××Kを加え、2015年頃に結成された新生KINOKUNI。(C×××Kは今作品を作り終えた頃に身体の一部に欠陥が生じ修復不可能となる。よって人体錬成MCの今後、復帰に至っては現段階では未定。)
和歌山の中でも特殊だと思われがちな御坊(彼らは何故かG.B.cityと呼ばれないと寂しげな顔をする。)の街中で、LABEL / STUDIO / SHOPを設立し、自分達が「多分…こういうので良いんじゃない?」と思えるHIPHOPを提示し始める。かつて紀乃國として活動していたSURRY曰く、「アレとは山下のせち焼きとまりちゃんのジルバぐらい味も雰囲気も全然違いますね。まず俺らは船を新聞紙で包むから。」と聴き手も理解し難いコメントを提供。客演に関しては、REVERSE / SHEED / FOOLISH / HULK / catastropheといった玄関を開ければすぐそいつの家みたいなアパートのお隣さんに近い距離の仲間達が参加。近年の多種なHIPHOPと比べてみても、KINOKUNIの時計の針は既に止まったままなのか、それとも先を急ぎ作られた物なのか全くの不明であるが、探求と意欲が他者よりも少し溢れているのだけは確かだと言う事だ。結局の所、ダサい、カッコいいと言った点数決めなども彼等の意識は薄く、そこに惑わされて目の前が見えずらくなるといった状況に陥る事を拒絶しているに違いない。否、筆者も彼等の音楽性はそうであって欲しい。
“KEEP LOCAL STEP 0738”

Commented by 益田眞琴(SURRYの母)


#02. Pressure 15' feat. REVERSE



#04. Brain Anatomy




by surry0738 | 2017-01-05 21:15 | news / release | Comments(0)