AREA0738 紀乃國 BLOG

カテゴリ:surry( 223 )


9/6に向け9 「MAS」

これがラスト。

最後は

金沢のghetto..NORANEKO pt.2って曲を一緒にやってくれたMAS


MASは
...これは確実に覚えてるんだけど会ったのは京都で。

早雲達が所属しているzero gravityってcrewにLiveを誘っていただいて
(その時はzero-Gの皆あざっした)
京都に行ったんだけど
同時にjonyやpepeも一緒に呼ばれてた。
その金沢メンツにMASも客演で一曲やるために同行していたって感じっす。

で、龍門っていう中華料理屋で一緒に飯食って
控え室でchillしながら喋って...タメって事をお互い知って
そこから敬語一切無し条約を結ぶ事に。

それ以前に
俺らKINOKUNIと仲の良いHULKって超でかい友達が居てるんだけど
そいつは大学時代、金沢に住んでて
そこでMASのliveを見た事があるらしく..その時にかっこいいっって俺らに良く言ってくれてた。

その日も、jony達のliveで見てて..
やっぱりかっこよかったっす。

せっかく繋がったし連絡先は交換して、その日はそれぞれ地元に帰りました。

で、ある日 俺がyoutubeでamebreakの金沢出張みたいなのを見つけて
見ていたんだけど
(CARREC君と上野君が中心になって収録していたやつ)

そこでサブリミナルって店の前でfree styleしているMASが超かっこ良くて
lyricも俺が共感する言葉がたくさんあった。

その時には
NORANEKO pt.2って曲でMASと一緒に書いてみたいって気持ちは既にあったっすね。

MASとは、まだ二回ぐらいしか会った事が無くて
曲を作るにあったてのやりとりもメールと電話。

でも今回の曲のいきさつやテーマはちゃんと伝え
MASもバッチリな内容で返してくれた。

で、albumを出した後
セイジが呼んでくれた大阪でのICE CREAMってpartyでやっと会えて、そこで初めてLIVEでやれた。

二回、遊んだだけの繋がりっちゃそうかもしんないけど
hiphop特有の「一日でmy menになれるし一週間 遊べばbrother」
って事なのかもね。笑

まっ、でもMASのRapが俺はマジで好きだし
「口化ケ番長」に「三文BOOMBAP」
も良く聞いた。

っつーわけでLESTAとかも言ってくれてたけど
MASのLIVEもやっと0738に持ってこれたんで宜しくっす。
やっぱり こいつのRapは生で聴いてほしい。


MASと出会う前に
JONYやPEPE、CARREC君に純ちゃん(純ちゃんは今 東京に居てるんだったかな?)
やIRIの皆と知り合えてお世話になったりしました。
(その辺の話もしよう思ったんだけど...今回は伏せときます)

CARREC君に至っては
今回「ドテクリマワス feat.ICE BAHN」のTRACK提供もしてくれてます。

一気に綴ってしまったkら
もっと書きたい事もあったかもしんないっすけど
とりあえず明日、皆 待ってます。
目一杯 このクソ田舎で遊びましょう。

押忍!























by surry0738 | 2015-09-05 19:51 | surry | Comments(0)

9/6に向け8 「PACHIとYAMAO THE 12」

release partyが明日なゆえ

「やばっ」とか思いながらも...立て続きでmymen 紹介のコーナー

kscの皆が呆れて物も言えないぐらい俺はマイペース。


二人に接点はまだ無いと思うけど

今回は神戸と京都の86世代 mymenを一緒に。

ます神戸のパチ。

パチは...多分和歌山の市内(大阪よりの北方面)でアストニッシュって先輩達が行っていたpartyに
ENDY君と来てたと思う。そこで話しかけられたのが一発目...だと俺は思ってます笑

神戸でも...やっぱりMC BATTLEの流れからかP−pongやQZ君を始め(UMB2006大阪予選はお互い気張りましたね)H.R.Cとかが凄い仲良くしてくれてた。

お互い呼び合えたり、CD置き合ったりさしてもらえた。
(sabo いつもありがとうございます)

俺は昔から面倒臭がりなので...「慣れない人にはとりあえず敬語を使っとけば大丈夫でしょ。」
みたいな感じで...パチにも最初の内は敬語モードの帳尻合わせ。
その度にパチから「敬語やめろって!」って怒られてた。w

パチは074BROSに匹敵するぐらいの酒乱だし、eventで死んでるのは俺の周りじゃこいつが一番。

この前も座敷屋って南の友達が大阪に来てた時に俺とパチで会いにいったんだけど
(パチも福岡出身の為、久々に会えると一番楽しみにしてた)

座敷屋のLIVEが始まり、あれ?と思い、フロアを見渡してもパチの姿は無く...
誤と探してたら、フロアの隅っこのソファで潰れて寝てた。







....そんなパチっす。w

俺は固定されたback djが居なくて..いつも県外へliveへ行く時はその時に合わせてDJの友達にお願いしてるんだけど
パチがbackをしてくれた事が一番多い。
パチと二人で色んなとこにliveしに遊びに行ったと思う。
相変わらずなアホなノリで遊んでくれるし
(CIMAから聞いた姫路でのパチ伝説じはすごかったなー)
CIMAとの熱韻の最初に電話で喋ってくれてるのがこの男。
(RECした時もかなりボケたのを入れてくれたけど、編集でそれは全てカットした)
明日のリリパも色んな意味でいつものパチやと。早く和歌山上陸して欲しいっすね。


続きまして...京都の山ちゃんことYAMAO THE12

山ちゃんは..3年前ぐらいかな?京都のBLACK BOXで「HOOLIGANZ CAMP」
ってpartyをhooliganzが行うのを万寿から聞いていて

関西に来るなら是非 会いに行こうと 俺やsparkeyが遊びに行った時に

HOOLIGANZから紹介されたのが山ちゃん。

それまでは京都でいつもBONGBROSの方々にお世話になっていたって感じの自分だったし

山ちゃんと知り合えて京都に行くことがまた増えました。
毎回、音源を作る度に京都に呼んでくれたり
dyed thinkやHIROSHIも紹介してくれた。
(今回のalbumでの山ちゃんともやっているpure versionって曲のtrackもdyelo thinkです)

コンスタントにalbumも二枚 releaseしてて...ksc storeにも置いてもらってる。
すると...やっぱりこっちの若い奴らも聞く奴らは聞いてくれてるっすね。
色々とサポートしてくれて山ちゃんにHIROSHI、ダイシンもありがとう。

明日っす。
みんなよろしくお願いします。








a0168966_18500987.jpg



by surry0738 | 2015-09-05 18:47 | surry | Comments(0)

9/6に向け7「BIGMOOLA,HEADZ,SAGE GREEN」

明日です。
とりあえずよろしくっす。

前回、パナと誤を紹介したってことで
今回は引き続き、OSKの友達 part.2
この三人も最近ではお決まりの友達っす。

まず亀ちゃん(BIG MOOLA)

亀ちゃんとは…どこが最初だったやろ?
多分…HIDA君とERONEさんで0738にLIVEしに来てもらった時かな?
多分そう。

付き添いとしてHIDA君達と共に来てくれてたんだけど
地元 福島から大阪に越してきて色々と勉強中だったんやなって思ったすね。

そこから和歌山に遊びに来てくれる事もちょこちょこ増え…BATTLEにLIVEと和歌山でも結構な数をこなしてるのが亀ちゃんやったと思います。

でもって誤と入れ替わりぐらいのタイミングで一二三屋でも働き出したと思う。

そんな亀ちゃんと遊ぶのはマジで楽しい。
そこにプラス誤が居てたりパナが居てたり…そんな感じで大阪へLIVEやBATTLEなどで行ったついでに遊ぶ事が自分の中ではマストです今でも。

亀ちゃんとアメ村を散歩してると、絶対に(亀ちゃんの)知り合いと出会う。
マジで顔が広くていつも驚いてる。
そんな亀ちゃんが紹介してくれて友達が増えたってパターンも結構ありますしね。

ここ最近の亀ちゃんのLIVE本数とかマジで半端なく多いような気がする。
亀ちゃんと話した時でも「現場」に対してすげーハングリーな考えをしてて
LIVEにくらってる人もかなり居てた実際。

HEADZやセイジ(SAGE GREEN)とは以前、岡山でsplashのpartyに遊びに来てくれてて
そこで出会ったのが多分、初。

そんで亀ちゃんと遊んでる時に改めてHEADZを紹介してもらったかな。
そして彼らが大阪で定期的に上げてるparty「BOSS TO BOSS」。
亀ちゃんやBOILもそのpartyのレギュラーを務め、超油の乗ってて

そこに俺も過去、二回も呼んでくれたっす。
其の内の二回目が今回のalbumのreleaseを祝ってくれて...
feat勢や友達もかなり集まった祭り的な一夜でした。

パナとかもその日、別箱でSITOのpartyがあったのに終わって駆けつけてくれたり、
明け方まで遊びまくってたなー。
そんな場を作ってくれて、あの時はマジであざっした。

亀ちゃんは[give me the night」
HEADZとセイジは知り合ったのが遅かったのもあり
albumで一緒に何かをやることは今回実現しなかったけど
release前に宣伝の為に作ってくれたHEADZのtrailer-MEGAMIXや
次に向けて動く為にセイジにも色々と協力してもらってる感じっす。

よく後輩にいじられてるHEADZに
それとは打って変わって「モーラ君」って後輩から慕われてる亀ちゃん。笑
セイジも色んな人のpro.で動いてて、最近もbeatmakerの大会にentryしたりって話も聞いた。

たまに、皆 和歌山なら良かったのにないものねだりもしてる自分が居ます。
俺の地元じゃHIPHopや音楽に携わってる86世代がマジで居てないから。

そんな部分も、もしかしたら1stを作る上で出てたのかもしんないっす。

セイジはこっち来るの初めてだから
明日は色々と驚く事もあるかもしんない...笑

next who??









a0168966_18502696.jpg



by surry0738 | 2015-09-05 17:14 | surry | Comments(0)

9/6に向け6「誤とDJ PANASONIC」

あと四日。
もう皆様 来る段取りはバッチリでしょうか?
この日のTIME TABLEも超詰め詰めで...openからcloseまで休む暇など無いと思います。

んじゃ今回は...色んな友達が多いOSAKAの中でも
一番、長く遊んでる二人の同い年を紹介します。

まずパナ。(DJ PANASONIC)

パナとの出会いは...多分、オーヤ君(元韻踏合組合の達磨様)のback djとして
和歌山に来た時だったと思う。
そこでオーヤ君に紹介してもらって..大阪でも会えば話したり
でも結構 お互いがっつり遊ぶってタイミングは..最初の頃はあんま無かったかな。
でもまあタメっていうのが、やっぱデカくて自然な流れで仲良くなった感じです。

そこからパナが1stを作るのに声を掛けてくれ、SURRYとして参加させてもらった。
逆に、自分の「the massage ep」って音源を作るにあたってパナがtrack提供してくれた。
田舎MCの俺からすれば有難い話ばっかです。

パナは410crew(主にグラフィティで活躍してると思う)に所属していて
そこからリンちゃんって友達とも繋げてくれた。

リンちゃんとパナが和歌山に来てくれた時は御土産代わりに
410で作ったTシャツや帽子をプレゼントしてくれたっす。アレはマジで嬉しかったなー。

ってな感じの時にはもう既に...「誤」とは知り合ってたっすね。
んじゃぼちぼち誤との話も。

多分...誤と繋がったのはHIDA君が経営してる「一二三屋」だったかな?
誤は、一二三屋で働いてて。
その頃は...ENTERなどのBATTLEで勝つと
HIDA君から一二三屋の服をたまに貰えるってな嬉しい事もあり
ちゃっかり俺は一二三屋に服を取りに行って..その時、誤が店員として居てたみたいな。

知る人ぞ知るって感じだけど
俺は..誤がMADSや奪還CLANってcrew以前に結成してた「ソクラテス」ってユニットでやってた時、つまり一二三屋で会う前から存在を知ってた。
っつーかソクラテスが手売りで出してた5曲入りぐらいのEPも買って家で聴いてた。笑

でもまあ...俺の記憶じゃ多分、誤からすれば一二三屋で会ってからって感じかな。

パナと誤のどっちが先とかそんなのは忘れたけど
この三人で遊ぶ事も増えて来て...いつの間にか亀ちゃん(BIGMOOLA)も居て
最近じゃHEADZとかセイジもたまに一緒だったり。

話を軽く戻すけど
パナがまたalbumを作るって事で...また一曲参加して欲しいって話をくれた。
そんでもって今回は誤と一緒に一曲やって欲しいって話で。

それも自然な流れか、誤も全然OKくれてたので俺も喜んでって感じでした。
誤の家にパナと遊びに行って軽く打ち合わせして
パナの家に誤と行ってはプリプロして
また今回のパナが誘ってくれた件で..fedupのstudioやノア君とこにもお邪魔出来る機会も。

そんな感じで出来た曲が
DJ PANASONIC/imagine That から
「Last Man Standing feat. 誤&Surry」っす。

また、このalbumに収録されている誤のソロもカッコ良いんで是非。
そう思うと...makeし続けてるからこそ仲もドンドン深まっていくのかな。

今回の俺のやつでは
誤とは「long way to go」って曲で一緒にやってるのと
パナとは「JUST RUN feat. KINOKUNI」「Give me the night feat. BIG MOOLA, SPLASH」にてTRACK提供してもらってます。
skillの信頼も勿論だけど
その前に友達として、俺の1stを作る上で絶対に外せないOSKの二人。

んーちょっとクサかったか。笑

誤とは今日 話したの以外でも 一緒に曲を作ったりしていて
二人でLIVE出来るんじゃないかってぐらい。

そういうのもあるからかもしんないけど、誤のHIPHOPやMUSIC関する考え方や知識が俺は好きで。
っつーかMADS超好きっす。
一緒に遊んで誤から貰う刺激とか結構デカい。

パナも...IFKと共に動いてたり、色々と忙しいと思うけど
音源を作るにあたって相談に乗ってくれて提供してくれるTRACKにしろ
たまに大阪などで俺のLIVEの時にやってもらってるBACK DJにしろ
本当 いつも ありがとうって感じです。

これからもお互い頑張って行きましょ。
Rep 1986 west side。

次は誰を紹介しよう...





















a0168966_18315250.jpg



by surry0738 | 2015-09-02 18:03 | surry | Comments(2)

9/6に向け5 「ICE BAHN」

まず…

今週日曜のRelase Partyですが
flyerには載せてなかったけど ICE BAHNも参戦します。

当日まで隠す予定だったけど...それはさすがに勿体無いと思ったので
もうバラしちゃいます。
っつーことでGrandBulled feat.MC's 全員集合です。このクソ田舎0738に。

その報告もしときたかったんで
今回は俺の日本語Rapを始めるたきっかけでもあり、10年経った今でも絶対に欠かさない先輩
ICE BAHNとの話っす。
お暇な方は良かったらどうぞ。

当時の俺(中坊ぐらいから高校入りたてかな)は多分 そこまで音楽が好きじゃなかったかもしんないっす。
ただ周りの友達や一個上の奴がすげぇROCKを聞いてて..
古いのから当時ガンガン売れてたミクスチャーとか...遊びに行けば自然と耳にしてました。
(今回のalbumの元ネタもそういった周りの影響からっすね)

当然HIPHOPなんて全く知らない感じで...Dragon ashがzeebraとacoとやってた曲とか友達がカラオケで歌ってるのを聞いて、KJの事すらラッパーだと勘違いしてたぐらい。

でもMICを握ってるのがかっこよく見えて
自分も目立ちたいなぐらいに思ってて...
で一個上にキャスパー(今は寿司ZOMBIEと呼ばれてます)って友達がhiphop/日本語Rapに詳しくてCDも何百枚とか持ってたから...
ロクに金も無かった俺はキャスパーにHIPHOPを知りたい聞かしてとか言って
最初の内は...数枚借りては返してだったんだけど..気づけば最後の方は袋とか持っていてガッツリ。
俺にとってのレンタルHIPHOP屋さんでした。

キャスパーは当時、FREEDOMって言うユニットを作ってRapもしてた。
それを知って「俺もやりたい」って相談もしてたと思う。

そんな感じでキャスパーから借りたCDと
あいつがたまに仕掛けてくるFREE STYLEになかなか返せない悔しさからRapを模索してたって感じっす。

次第にもっと情報が欲しくなり、バイト代でケーブルTVのアンテナを買って
自宅に繋げてMTVとかスペシャをcheckしだしたり

その中で「日本語Rap特集」みたいな一時間ぐらいぶっ続けで
日本語RapのPVが流れまくるコーナーがあり

そこを毎週のようにcheckしてたら
ある日、偶然 IBの「越冬」が流れてきて...本当に衝撃でした。

まず「ここまで日本語で韻踏めるの?」ってぐらい自分の中での基準が一気に無くなった。
当時、キャスパーから借りたCDで歌詞カードを見て
走馬党やFG周りを聞いては「韻固いな」って勉強してたんだけど
一瞬でもう殺された感じでした。

速攻でI1st「STARTREC」をGETして
「あの韻の部分は何で踏んでたんだったけ?」「他にもめっちゃ踏んでることあるやん!」
みたいな感じで穴が空くほど歌詞カード読んでた。
そんでMDにダビングしては色んな友達に超聞かせてたっすね。笑

ってな感じでロクにUSも大して聞くわけでも無く、日本のHIPHOPばっかにハマってった感じ。

でUMBが始まりだしてたと思う。
各地方の予選も携帯から動画として配信しだして

そんな中、FORK君が獲った2006 横浜予選は本当に何度も見たと思う。
あとダース君、主催の3on3 20005のDVDも。

そう考えるとMC BATTLEもその辺から興味持っては出たりしてたかな。
何せICE BAHNのお陰様で完璧に韻中毒者になったのは間違いないっす。

で、まだENTERが平日の火曜に行っていた時期に
IBがJACK HUMMERのRELEASEのLIVEで(キクさんはBATTLEにも出てた)
来ていた為、次の日の仕事なんて無視して大阪へ。
上手い事、フロアの後ろの方で見つけたので...狙いを定め声をかける事に成功。
そこから関西にあの人達が来た時は必ずと言って良いほど遊びに行ってたし
自然と俺らの街にも呼び出した。

SURRYは何でここまでIBが好きなの?

みたいな事を過去に友達から言われた事があったけど
音楽は勿論、あの人達の人柄や人間性が超好きで。
(そこはYOUTH君も似たような匂いがします)

何度も0738に呼んだのも..そこが一番の理由。
こっちに来た時やIBがLIVEで関西に来た時も顔を出しては
こんな俺と目一杯 遊んでくれるし...気を遣ってくれる。良い意味で。
地方にも一緒に連れてってもらう事もあったり、その時は急遽verse蹴らしてくれたり
関東に行った時も寝所から始まり、時間の許す限り俺に使ってくれたり
UMB本戦の時期とかは...スタジオを借りては3MC全員でスパーリングをして頂くと言う
2005.6からのBATTLE ヘッズの俺からすればかなり貴重な経験をさせてもらいました。
勿論、今回のalbum製作でのサポートも半端無かったっす。

ここまで先輩方に色々と支えてもらったのは俺の中では..ダントツで一番でした。
っつーか今も変わらずなんで現在進行形っすね。

あの時、越冬のMVを見て「日本語Rapにハマっってってるなー」と
自分でも理解した時

いつかはこの人達と曲を作れるように

って密かな夢というか目標というか...ありまして

それが1stで出来たって事に
マジで誇りに思ってます。

しかも今回、わざわざ9/6に祝いに来てくれる事になったんですけど..
仕事の都合上、トンボ帰りらしく

その為だけに和歌山に来てくれてLIVEが終われば
ソッコーで神奈川に帰るって事っす。
「SURRYのalbumのrelease partyなんだから勿論、祝いに行くよ」
と電話で言ってくれた時は...もう..って感じでした。


あの頃から未だブレず、踏み続ける3MCのRapも
現在のIBの屋台骨となる奉行君のBeatも
なにより人としての生き方も

最高っすね。
何年かぶりに0738に来る

余韻付きの韻踏み四人組

も是非 見逃さずよろしくです。













a0168966_01070514.jpg



by surry0738 | 2015-09-02 01:06 | surry | Comments(0)

9/6に向け4 「DJ SPLASH」

リリパまであと一週間 切ったんで忙しさも感じつつ...
あっ、entrance お疲れ様でした。


今回は岡山のbrother、スプこと「DJ splash」と繋がった話。

まず岡山って言えば俺はもう...YOUTH君(当時は「W」では無く「U」でした)
を聞きまくってたヘッズでした。
「王韻」ってアルバムの歌詞カードとか読んで超食らってた。特に韻の部分に色付けされたアイデアとか。

次第にyouth君とも知り合えることが出来てお世話になることも増え、
YOUTH君の...人としてB−BOYとしてのカッコ良さに色々学ばせてもらいました。

そこらへんの話は今回は省かしてもらうんだけど

2011かな?
地方B-BOY行進曲の第3章がyoutubeにてUPされ
こっちの街も盛り上がってたのも束の間って感じで
続々と色んな街で地方B−BOY行進曲のREMIXが上がってきた。
勿論、YOUTH君が繋がってきた人達ばっか。

「じゃあ、和歌山は誰がやるんやろ?」
あんま そういった動きをしてる人も無かったてのもあるけど
YOUTH君のREMIXなら絶対 俺がやりたいと思って速攻、電話した。
じゃあ「むしろSURRYからその話が来るのを待ってた」って言われ...

もうマジでガチ上がりでしたね。笑

で、当時はPCなんて俺も持ってなかったし
MTRでの宅録だったけど
それでなんとか録ってマスタリングもせずに勢いでyoutubeに。

そんな時にNALUさんって言う地元の親父みてえな人に
PVも作ってもらいました。
NALUさんもそういった作業は初めてで色々と大変そうだったけど作ってもらえた事にマジで感謝です。

そうやって和歌山remixが出来上がって

色々と周りの評価を聞いている内にliveのbookingが来た。しかも岡山から。
で、その誘いをくれたのがsplash。

しかもsplashいわく...呼ぶ きっかけとなったのが地方b−boy 和歌山 remixを聞いたからだと。

すげーなって思ったすね...単純に。笑

そんで岡山行って、splashに会って遊んでタメだと知り..そっからは地元の友達と変わらんぐらいの感覚でした。

で、「また岡山にLIVEしに来い」と言われ和歌山に帰ってきたんだけど...
その二ヶ月後にはまた岡山でLIVEしてったすね笑
つーかそれ以降、二ヶ月に一回は岡山でLIVEしてた..
いやもうsplash達のpartyのレギュラーでした。笑

(毎回 岡山に一緒に付いてきてくれては道中の運転もしてくれた宮路にも本当 ありがとうでした。)


そのサイクルが1〜2年ぐらい続いて、お陰様で岡山に友達も沢山出来た。
エルボー、さいちゃん、よしきにまさき、ゆーまにノビーやニャロ君、咲花ちゃんにのんちゃんにまあちゃん、仏師君にルードも
PGPのカジもsplashが繋げてくれてた。
フェーダ君やラーメン君にzeek君、phanqrowllersやvally君やonejとはそれ以前にも知り合ってたけど...改めて仲良くなれた感じがします。
blockのモトムネさんにも良くしてもらってるのも、俺の中では100% splashのおかげです。
(全然 関係ないんだけど、昔...block bastaの通販の購入率がダントツで御坊が一位だったみたいっすよ。)

で、あいつも俺も今じゃ父親って感じ。
仕事に色々と忙しくしてる岡山のbrotherですが
時折、電話くれては俺のダラダラした部分に火を付けてもらってます。

俺とsplashと、後ほど紹介するBIGMOOLAって奴と今回のalbumで
「give me the night」って曲で一緒にやってるんだけど
(trackは、これもまた後ほど紹介するDJ PANASONIC)

その中の俺のlyricのワンフレーズで
「朝になっても鳴り止まぬBREAKS」
ってのがあるんだけど

「BREAKS」ってのはsplash達がずっとやり続けてきたレギュラーパーティで
そのpartyは朝方になっても全然終わらないんすよ...むしろそこから客もDJも謎のVIBESで盛り上がり出して..朝の8時9時なんてザラでした。笑
初めて体験した時は岡山と和歌山にここまで差があるのかと..軽くショックでした。笑


まっ、こんな馬鹿に
ここまで長々と語るのもアレなんでこの辺で終わっときます。
splashはDJとして作品はまだreleaseしてないけど
本当に、ずっと岡山の街のHIPHOPを考えながら日々 闘ってるすげー奴です。

あっ、俺のalbumではDJなのにRapで参加してくれてるのでそこもcheckよろしくです。笑

9/6は木原一家としてこっちに乗り込みに来てくれるみたいだし、
俺ん家で馬鹿騒ぎ確定。もうマジで楽しみ。

よし、次は誰を紹介しよっかな...



a0168966_17071317.jpg



by surry0738 | 2015-08-31 16:58 | surry | Comments(0)

9/6に向け3 「HOOLIGANZとkung fu star」

hooliganz

9/6に向け出演して行く友達を紹介するBLOGも今回3発目。

昔から幅広いJPN HIPHOPがドンドン産まれてる神奈川。
その中での俺ら世代と言いますか... 「HOOLIGANZ」

まず、真っ先に出会ったのが万寿。
横須賀の1986で
hooliganzが結成されるまで
ずーっとONE MICでステージに立ち続けてたNICE GUY。
その独特な温かみのあるFLOW(TAKUMAが言うにはYOKOSUKA FLOWと言うらしい)で通算、3枚ものALBUMをrelease。

そんな万寿と初めて会ったのが2009のUMB リベンジ。
お互い多分 リベンジャーとして呼ばれてたと思う。
そこでICE BAHNから紹介してもらい…万寿の1st「THE FLAG」を頂いた。
地元に帰ってソッコー聞いて…自分と年が同じで…自分より遥かに先を歩んでる感じがして…かなり刺激を受けてたのを覚えてる。

それからどれぐらい経ったかな?
少し話は逸れてしまうけど
ある日、DJ A-1君から電話が鳴り
A-1君が手掛けている「腕舞句」シリーズの次の作品「豪腕舞句」に一曲 依頼を頂く事に。

声を掛けてもらえたのが嬉しくて
ソッコーで録って送って完成を楽しみにしていて…ブツが届きクレジットを見たら
そこに万寿も参加してたんすよね。
(他にもJONYやBB9にBASI君など相当な面子が参加してたり…凄いMIX CDでした)
なんつーか、ワクワクしながら万寿や各地のアーティストのRAPをcheckしてたと思います。

ってな感じで俺が関東に行ったら必ず会うmy menの一人。
そんな万寿のお陰で知り合えたのが
TAKUMAにBAN、そして%C。

万寿が所属したとhooliganzの噂を聞き、瞬く間にalbumがreleaseされ
早速 聞いてみたら…カッコいいやんけ!って食らってたっす。
で、万寿に連絡してみて和歌山へ呼ぶ機会が出来た。

だから、この三人と初めて会ったのは俺らの地元って事になるね。
俺の想像以上に良く喋るTAKUMAに神掛かった笑いを降臨さすBANに...%Cはあんな感じ。笑

この日に、前回紹介したsparkeyやfushimiも一緒に和歌山にliveしに来てもらってたから
アイツラもそこでがっちり繋がってた。
ってか皆 同い年(%Cだけは3つぐらい下。この前まで俺もずっとタメだと思ってました)だし一瞬で溶け合って修学旅行ノリで俺の家に皆で一泊二日してました。

そんな馬鹿みたいな和歌山旅行での帰り際に
%Cからinstが沢山入ったCD−Rを頂き
その中から一曲 選んでは %Cに提供してもらい...出来た曲が「welcome G.B.city」。

HOOLIGANZの三人とも今回 一緒に曲を作ってもらったんだけど
あえて三人 離れてもらいました。

その意図は
SURRY feat.HOOLIGANZ
っていうより

SURRY feat.TAKUMA THE GREAT
SURRY feat.万寿&BAN

の方が各個人の名前をクレジットに載せれるだろ的な。

また万寿には他にも色んな友達を紹介してもらってる。
その中でも今回、hooliganzと一緒に呼んでる

「DJ kung fu star a.k.a ヨーヘイ」
または「MC サボテン」

ヨーヘイは...IBのキクさんとの「ダーツ台 倒壊事件」が一番笑ったなー。
俺はDJのskillより奴の生き様にマジで惚れました。
本当に面白い。馬鹿ですよ馬鹿。
結婚した事やMC BATTLEで優勝した時に不意に電話をくれる馬鹿。良い馬鹿。

あーもうキリないっすね。
書き込んで思い出してたら早く9/6が来て欲しい気持ちが強くなる一方っす。

ってな感じでHIPHOP/Rapしてなきゃ知り合う事もマジでなかったと思う
関東のクソ野郎の紹介でした。

次は誰を紹介しよう...

































a0168966_13533092.jpg



by surry0738 | 2015-08-29 19:30 | surry | Comments(0)

9/6に向け2 「sparkey&fushimi」

来たるrelease partyに備え

俺なりに1st/grand bulledに参加してくれたmymenを改めて皆に紹介する
それの第二回目。
暇な方はどうぞcheckしてみてください。


まずSPARKEY from 074BROS

スパ(sparkeyの省略)とは多分 県外で86世代として初めて繋がった奴だと思う。
どっちかっていうとスパよりNAJIMI君(同じ074BROSに所属するMC)
の方がMC BATTLEなどで出会うのが早かったけどね。najimi君は一個上。
大阪のjouleで声を掛けてもらい、スパを知ってる奴はご存知の通り
あんな感じの奴だから俺もすぐに意気投合した。

その頃...俺もスパもソロで音源を作りだしてた頃で
スパがワンコインでepをstreet onlyで売ってて

そのtrackやらmix、マスタリングを奈良で活動してる同世代の奴ってのをスパから聞いた。

それがfushimi(074bros&OTS)。

fushimiいわく...昔、俺らが地元にtakase君を呼んだ時にback djとして
来てたらしいんだけど、その頃は全く喋る機会も無かったみたいで。

なので俺がfushimiとの出会いで記憶に強く残ってるのは

どこか忘れたけど...県外でのliveに行った帰りに
地元には帰らず、そのまま路線変更で奈良へ。
目的は、ただ単にsparkeyと飲んで遊ぶだけ。

合流し鳥貴族で飲んでたらスパが会わせたいmy menが居ると言ってくれて
既に呼び出してるとの事。
そして来たのがfushimi。

来る前にスパから
「あいつ、いい奴なんやけど硬いと言うか変わってて...嫌いな奴はマジで嫌いって言うタイプやねんな」
って聞かされ

少なからず俺も構えてしまってたと思う。笑

確かにfushimiは今でも
思った事は良く言ってくれる。
今回の俺のalbumで「D.R.A.P」って曲のbeatも提供してくれたんだけど
その時も意見をかなりくれた。
ほんまにプロデュースしてもらってる感じ。

会った その日はお互いまだ慣れない感じが少しあったけど
奴は男だ。

用事があるから すぐに帰ると言って
半時間ぐらいしか滞在していないのに
飲み代をサクッと置いては
フードを被り、timberlandの足音を立て帰って行った。

beatmakerは忙しいんやなーって思ってたら
横からスパが
「多分、女ちゃう?」ってオチだったり。
(実際の所はどうか分からずだけど...)

MPCとCD-R持ってわざわざ奈良から俺の家に来てくれて曲作ったり
(結局、世に出ることはならないままの曲ばっかりだったけど)
俺もノートとペン持って奈良へ何度も遊びに行ったっすね。
074BROSのヤサに泊まっては部屋に掛けてるカーテンを布団代わりにしたのもいい思い出。

良く一緒に地方LIVEになる事も多かった。
岡山でsplashのもと、hooliganzと俺らと074BROSが招集された時は
openして一時間ぐらいでボトルを空け出す奈良の勢いと
俺のlive時にベロベロになってスピーカーを倒しかけたFUSHIMIには超笑わされました。良い思い出。

sparkeyとfushimiを始め
074BROSのマサヤ君、NAJIMI君、キ=ン君(MVの時もありがとうございました)、LOW君、秀楽

また遊びましょう。
つーか9/6に。

...paint&buffの0738remixも単にカッコイイってのとは別で
俺的に超好きなcrewだし兄弟に近いぐらい仲良くしてくれてるあいつらに何か出来へんかなってのがきっかけっした。

っつ〜わけで今回は奈良のbrotherを紹介しました。







a0168966_13534909.jpg



by surry0738 | 2015-08-13 23:55 | surry | Comments(0)

9/6に向け1 「CIMA」

ども。surryです。

この度、9/6に自分の1stのrelease partyを仕掛けようと動いてまして
当日まで噂は絶え間なく広めたいってのと
今回のalbumで協力してもらった仲間が この日に集まるので
その紹介を自分なりに綴ってみて
少しでも色んな奴に知ってもらえたらなと思い
久しぶりにkinokuniのblogから情報もまとめて飛ばしてみることにしました。

俺の1stはクレジットを見てもらっても分かる通り色んな仲間達や先輩に協力してもらいました。
その素晴らしい仲間達を順に紹介していきまっす。
お暇な方はcheckしてもらえれば嬉しいです。


んじゃ最初の一人目は、

CIMA

BOIL RHYMEの片割れで超良い奴。
多分 俺が初めて出会ったのは大阪のIFKが定期的に行っているENTER。
そこでゴリ君って年上のRapperから紹介してもらいました。

そして、その日のENTERでMC BATTLEにENTRYしてたCIMAが優勝。

えーみたいな。w

で。そのままその日に仲良くなったって感じでもいのですが…皆も知っての通り
Rap skillの前に人として超イケてて

俺らのpartyでもliveに来てもらったり
(俺は今でも…過去にCIMAが自主で出した「相方不在MIC」って音源をkscで保管しています)
湯煙epを出した時はこっちのヘッズもすげー食らってたっぽいっす。

でも なんつーか
本当 CIMAとマジで仲良くなれたのは
多分 MC BATTLEなのかなって今でも思ってます。

あれだけdisり合う言葉の喧嘩なのに
(特にこいつのdisは痛いとこばっか突かれます)
認め合ったって表現が近いのかも。

それで一番 自分の中で記憶に強く残ってるのが
2012 spot rightの決勝でやったbattleです。

俺の中では
今回の自分のalbumに収録してる熱韻ってCIMAと一緒に作った曲のきっかけになったと思ってます。

他府県で自分がliveに呼ばれた時でも
近くにCIMAが居てたなら 二つ返事でこの曲を一緒にかましてくれるし

BATTLEもこいつとは本当によく当たる。
でも毎回、ノーガードで打ち合える俺が一番好きな展開になるので勝ち負け関係なく
CIMAとやり終えた時はスカっとしてるパターンがほぼ。

俺の二個下っすけど同世代ならもっと面白かったやろなって
たまに考えることもあります。

そんな糞いけてるB−Boy CIMAが所属してるBOIL RHYMEも
9/6に久々に0738にliveしに来ますので皆よろしくっす。

あんま触れてないけど
勿論、TRASHもMADJAGも超好きっす。いつもありがとなー!

次は誰を紹介しようかな?


SURRY/GRANDBULLED iTunes store↓
https://itunes.apple.com/jp/album/grand-bulled/id984361912


a0168966_2331351.jpg







by surry0738 | 2015-08-12 23:32 | surry | Comments(0)

乃十呂に来る刺客 part.1

a0168966_20355492.jpg


【BONG BROS】
京都、滋賀の同世代を中心としたMC,DJ,TRACK MAKERからなる総勢15名のドープ・ヒップホップ集団。
2010年10月,自主レーベルBONG BROS RECORDSより満を持して1st Album "Virginal Discharge"を
全国にリリース。これまで地元で培った煙まく哲学を全国へと振り撒いた。
1st Albumの上がりをアジトとなる一軒家のスタジオ改築費に全額ベット。そして2年の時を経て
BONG BROSが再び強烈なボムをシーンへ投下する!
前作に引き続きBoNTCH SWiNGAとラッパー兼任のM.A(MOTOACCE)、B.C(B-COSMO)、トラックでは初参加
となるP.Eによる全曲セルフプロデュース楽曲。【STINKY SCIZA】【Fire Stone】【小鉄&ターキー】
【HYBRID BROTHERS】に加え、クルー内でのMCの様々な組み合わせ、怒涛のマイクリレー、DJ陣によ
るスクラッチ等、前作よりも全員参加型に進化を遂げた全16曲を収録した渾身の1枚。
2011年8月25日惜しまれながらも閉店した伝説のライブハウス老舗 "WHOOPEE'S"の思いを綴った
#15にはクルー外からfeaturing artistにトランペット:Dr.HASEGAWA,ギターにMiya from38studio
を迎えている。沈黙の2年間。。その中で起こった様々な出来事で得たもの、失ったもの、新たに生
まれた感覚を飾らずリアルに落とし込んだリリカルなライム。レコードのみからサンプリングされ
た芯のあるロウなビート。2nd Album "The Pains Of Childverse"現在のBONG BROSがここに!


a0168966_2036937.jpg

BONG BROS 2nd Album "The Pains Of Chilverse"

BB-019 16TRACKS 2,500yen(税込)

1 . Intro
2 . B.B ANTHEM 2
3. STAY
4. RETURN OF THE21"FIGHTING"SHOOTERS
5. REVENGE
6. 長期戦
7. BACK 2 THE FUTURE
8. BONG de SAMBA
9. FUCK YOU MAD M
10. RAWHIDE
11. 疾風
12. BRAND NEW DEAD
13. LOOK INTO PEEP HOLE A LITTLE MOMENT feat:UNORU
14. S.K.S Ⅱ
15. WHOOPEE'S feat:DR.HASEGAWA / MIYA
16. We are just tryin' 4 make it



blog↓
http://blog.livedoor.jp/kcyb_kyoto/

by surry0738 | 2012-09-03 13:19 | surry | Comments(0)