AREA0738 紀乃國 BLOG

9/6に向け5 「ICE BAHN」

まず…

今週日曜のRelase Partyですが
flyerには載せてなかったけど ICE BAHNも参戦します。

当日まで隠す予定だったけど...それはさすがに勿体無いと思ったので
もうバラしちゃいます。
っつーことでGrandBulled feat.MC's 全員集合です。このクソ田舎0738に。

その報告もしときたかったんで
今回は俺の日本語Rapを始めるたきっかけでもあり、10年経った今でも絶対に欠かさない先輩
ICE BAHNとの話っす。
お暇な方は良かったらどうぞ。

当時の俺(中坊ぐらいから高校入りたてかな)は多分 そこまで音楽が好きじゃなかったかもしんないっす。
ただ周りの友達や一個上の奴がすげぇROCKを聞いてて..
古いのから当時ガンガン売れてたミクスチャーとか...遊びに行けば自然と耳にしてました。
(今回のalbumの元ネタもそういった周りの影響からっすね)

当然HIPHOPなんて全く知らない感じで...Dragon ashがzeebraとacoとやってた曲とか友達がカラオケで歌ってるのを聞いて、KJの事すらラッパーだと勘違いしてたぐらい。

でもMICを握ってるのがかっこよく見えて
自分も目立ちたいなぐらいに思ってて...
で一個上にキャスパー(今は寿司ZOMBIEと呼ばれてます)って友達がhiphop/日本語Rapに詳しくてCDも何百枚とか持ってたから...
ロクに金も無かった俺はキャスパーにHIPHOPを知りたい聞かしてとか言って
最初の内は...数枚借りては返してだったんだけど..気づけば最後の方は袋とか持っていてガッツリ。
俺にとってのレンタルHIPHOP屋さんでした。

キャスパーは当時、FREEDOMって言うユニットを作ってRapもしてた。
それを知って「俺もやりたい」って相談もしてたと思う。

そんな感じでキャスパーから借りたCDと
あいつがたまに仕掛けてくるFREE STYLEになかなか返せない悔しさからRapを模索してたって感じっす。

次第にもっと情報が欲しくなり、バイト代でケーブルTVのアンテナを買って
自宅に繋げてMTVとかスペシャをcheckしだしたり

その中で「日本語Rap特集」みたいな一時間ぐらいぶっ続けで
日本語RapのPVが流れまくるコーナーがあり

そこを毎週のようにcheckしてたら
ある日、偶然 IBの「越冬」が流れてきて...本当に衝撃でした。

まず「ここまで日本語で韻踏めるの?」ってぐらい自分の中での基準が一気に無くなった。
当時、キャスパーから借りたCDで歌詞カードを見て
走馬党やFG周りを聞いては「韻固いな」って勉強してたんだけど
一瞬でもう殺された感じでした。

速攻でI1st「STARTREC」をGETして
「あの韻の部分は何で踏んでたんだったけ?」「他にもめっちゃ踏んでることあるやん!」
みたいな感じで穴が空くほど歌詞カード読んでた。
そんでMDにダビングしては色んな友達に超聞かせてたっすね。笑

ってな感じでロクにUSも大して聞くわけでも無く、日本のHIPHOPばっかにハマってった感じ。

でUMBが始まりだしてたと思う。
各地方の予選も携帯から動画として配信しだして

そんな中、FORK君が獲った2006 横浜予選は本当に何度も見たと思う。
あとダース君、主催の3on3 20005のDVDも。

そう考えるとMC BATTLEもその辺から興味持っては出たりしてたかな。
何せICE BAHNのお陰様で完璧に韻中毒者になったのは間違いないっす。

で、まだENTERが平日の火曜に行っていた時期に
IBがJACK HUMMERのRELEASEのLIVEで(キクさんはBATTLEにも出てた)
来ていた為、次の日の仕事なんて無視して大阪へ。
上手い事、フロアの後ろの方で見つけたので...狙いを定め声をかける事に成功。
そこから関西にあの人達が来た時は必ずと言って良いほど遊びに行ってたし
自然と俺らの街にも呼び出した。

SURRYは何でここまでIBが好きなの?

みたいな事を過去に友達から言われた事があったけど
音楽は勿論、あの人達の人柄や人間性が超好きで。
(そこはYOUTH君も似たような匂いがします)

何度も0738に呼んだのも..そこが一番の理由。
こっちに来た時やIBがLIVEで関西に来た時も顔を出しては
こんな俺と目一杯 遊んでくれるし...気を遣ってくれる。良い意味で。
地方にも一緒に連れてってもらう事もあったり、その時は急遽verse蹴らしてくれたり
関東に行った時も寝所から始まり、時間の許す限り俺に使ってくれたり
UMB本戦の時期とかは...スタジオを借りては3MC全員でスパーリングをして頂くと言う
2005.6からのBATTLE ヘッズの俺からすればかなり貴重な経験をさせてもらいました。
勿論、今回のalbum製作でのサポートも半端無かったっす。

ここまで先輩方に色々と支えてもらったのは俺の中では..ダントツで一番でした。
っつーか今も変わらずなんで現在進行形っすね。

あの時、越冬のMVを見て「日本語Rapにハマっってってるなー」と
自分でも理解した時

いつかはこの人達と曲を作れるように

って密かな夢というか目標というか...ありまして

それが1stで出来たって事に
マジで誇りに思ってます。

しかも今回、わざわざ9/6に祝いに来てくれる事になったんですけど..
仕事の都合上、トンボ帰りらしく

その為だけに和歌山に来てくれてLIVEが終われば
ソッコーで神奈川に帰るって事っす。
「SURRYのalbumのrelease partyなんだから勿論、祝いに行くよ」
と電話で言ってくれた時は...もう..って感じでした。


あの頃から未だブレず、踏み続ける3MCのRapも
現在のIBの屋台骨となる奉行君のBeatも
なにより人としての生き方も

最高っすね。
何年かぶりに0738に来る

余韻付きの韻踏み四人組

も是非 見逃さずよろしくです。













a0168966_01070514.jpg



by surry0738 | 2015-09-02 01:06 | surry | Comments(0)
<< 9/6に向け6「誤とDJ PA... 9/6に向け4 「DJ SPL... >>